本文へスキップ

カンボジアの友と連帯する

2005年の支援

 2005年は村の共同のため池を2つ支援しました。プロジェクトを決めるにあたり、イエズス会サービスカンボジア(JSC)シソポン事務所のグレッグ神父より「水事情の悪い地域に二つのため池を作りたいので、この費用を支援してもらえないか」と提案がありました。
 カンボジアの水事情は地域により異なりますが、貧しい人々に与えられる地域は往々にして水事情が悪く、井戸まで30分程度かかるとのことでした。JSCでは改善策として、共同で使う
大きなため池を作るプロジェクトを行っています。従来は井戸堀りをしていましたが、大型のものではコストが高く、ポンプなどが壊れた時に部品が手に入らず修理ができないため、結局、短期間で井戸が使えなくなることがありました。そのため、井戸より雨季に雨水を貯めるため池の方が効率的とのことでした。
 今回のため池の提案の一つは178家族835名、もう一つ184家族961名を対象としており、どちらも地雷がまだ埋まっている村に作る計画でした。かんぼれんではスタッフで検討し支援することに決めました。2006年2月のスタディーツアー時に現地を訪問しました。


1.村の共同ため池 建設支援2件
  

ベウン クトゥン村(Beung Khtum)
 水をためる前  
水が貯まった池
 水を汲みに来た家族

 スタディーツアーで現地を訪れた日には、村の共同ため池のオープニ ングセレモニーがあり、村中の方々の歓迎を受けました。池を掘るためには、村周辺がまだ地雷原であったため、まずこの地域の地雷除去団体CMACによる地雷除去が必要でした。地雷除去後、ため池建設のため、シャベルカーで地中を掘ると、新たに地雷が見つかったそうです。

 完成したため池は30m×40m×深さ3m、深い池に子どもや家畜が落ちないように村人自身も費用を負担し、いばらの付いた枝で策を巡らし、池に降りる階段を設置しました。
 この周辺の井戸は土壌に毒素を含んでいるため、これまで毎日飲み水のために、何キロも先まで水汲みに行ったり、買わなければなりませんでした。今回、ため池が出来たことにより今後は雨期に雨水をたっぷりと貯めることができ、乾期も乗り切れるようになるそうです。

 もう1件のため池は、他の村に建設中で、建設現場を見てきました。当初の予定では完成しているはずでしたが、地雷除去に手間取り、昨年は雨期が例年より長引いたため、完成に時間を要していました。この村でも、地雷除去をしたはずの地中から不発弾が出てきたとの報告がありました。

2.井戸の修理 1件

   ため池の支援の他に、ヘング フエ(Heng Hue)さん家族の井戸の修理を支援しました。タイ国境付近の森まで100mの地雷原に住み、2004年の10月に地雷を踏んで左足を失った方です。井戸の深さは12mあり、壊れて使えなかった頃には、タイまで水を買いに行っていたそうです。

shop info事務局

かんぼれん事務局

〒102-0083
東京都千代田区麹町6-5-1
 岐部ホール4階
 イエズス会社会司牧センター
 内 かんぼれん

TEL.03(5215)1844
FAX.03(5215)1845
E-mail office@camboren.org

お問い合わせはE-mailまたは
お電話で