本文へスキップ

カンボジアの友と連帯する会

2006年の支援

2006年度は、シソポンのイエズス会サービス・カンボジア(JSC)のプロジェクトの中でも、牛銀行、学校の机・椅子、車椅子、移動図書館、通学用自転車、奨学金、職業訓練等への支援を行いました。2007年3月のスタディーツアーでは支援先のいくつかを訪問しました。

1.牛銀行 5件

『牛銀行』のプロジェクトでは、生計維持者が地雷で被害を受けた5家族に支援をしました。
牛銀行とはJSCがメス牛1頭を貸し出し、借り主はその牛を飼育します。子牛が生まれると、1頭目は銀行の利息返済のようにJSCに返し、2頭目は借り主に、3頭目はJSCに、4頭目以降は貸し出されていたメス牛(親牛)と共に借り主のものになります。交配するオス牛は借り主が自分で借りて交配させます。オス牛の持ち主には子牛ができた時に$8(1000円)程度支払われます。
 地雷で足などに障がいを受けた方にとって、農作業は大変な労働ですが、牛銀行は常に目の届く家の近くで牛を育て、貴重な現金収入を得られるシステムです。

 借り主が柵を作り
子牛を産ませ育てます
 牛の価格
 オス牛        $100(12,000円)程度
 メス牛 生後2、3日  $300(36,000円)程度
     3歳(大人)   $400(50,000円)程度
   
※牛の種類はカンボジアの気候に合った飲み水をあまり必要としない種類です

2.学校の机・椅子

Sakson村(人口882人・165世帯)の小学校に机(机と椅子の一体型)を52台支援しました。
   1998年村の住民が木造の屋根だけの学校を作りました。翌年壊れたため、JSCが現在の校舎を建て72台の机を用意しましたが、その後、2005年には壊れて32台まで減りました。残った机も痛みが激しいため、昨年、学校が州に依頼し新しい机が20台提供されました。しかし、まだ不足しているため、かんぼれんで52台支援をしました。 

3.学校のトイレ建設

Nimit Thmey村(人口999人・170世帯)の小学校にトイレを作りました。
村の家庭にはトイレがないため、街に行っても使い方が分からず、特に女性は困っていました。そこで、学校にトイレを作り、使い方を教えています。その代わりに生徒にはトイレ掃除や校庭の植物の世話を頼み、3ヶ月毎にできているかJSCのスタッフの方がチェックしています。
 
トイレ建設中
 
完成
 

4.車椅子

   地雷・ポリオ・脳性まひ等が原因で身体に障がいをもつ方へ車椅子を15台提供しました。日本の車椅子とは違い、前輪があり、砂利道やでこぼこ道でも対応出来るものです。 

※車椅子の価格 1台$80(約10000円)

5.移動図書館

15の移動図書館の本や備品、司書の給与などの支援をしました。
カンボジアには、学校にも村にも図書館がありません。そのため、村の人が司書になり、自宅で『移動図書館』を開き、村の人や子どもたちに読み聞かせをしたり、本を貸し出しをしています。移動図書館には、絵本や童話、健康に関する本、ファッション雑誌などが置いてあります。
司書は移動図書館の管理・運営の他、村人にどんな本が読まれているか等の報告書を作成し、3ヶ月に1回ミーティングを行い、本の評価や本の交換を行っています。
JSCのスタッフは「子どもだけでなく、大人にも読んでほしい。読む可能性を広げたい」と話していました。カンボジアでは、大人でも読み書きが出来ない人が多いため、借金の保証人にさせられたり、給料が少なくなったりすることがあります。移動図書館は村の人々に貴重な読む機会を提供しているのです。



shop info事務局

かんぼれん事務局

〒102-0083
東京都千代田区麹町6-5-1
 岐部ホール4階
 イエズス会社会司牧センター
 内 かんぼれん

TEL.03(5215)1844
FAX.03(5215)1845
E-mail office@camboren.org

お問い合わせはE-mailまたは
お電話で