本文へスキップ

カンボジアの友と連帯する会

>

2010年の支援報告

イエズス会サービスカンボジア(JSC)シソポンからの報告

2011年2月のスタディーツアー時に2010年の支援報告を頂きました。以下、一部をご紹介します。

 かんぼれんがJSCのサポートを始めてから8年がたちました。あっという間の8年間でした。
障がい者のサポート、開発、教育、医療などいろいろな支援を行うことができました。昨年、かんぼれんはシソポン訪問の折りに、我々のプロジェクト−主にTuol Prasat村の学校建設のために−新たな支援をしてくれました。学校建設と、残りをかんぼれんの同意を得て、その他のプロジェクトに使いました。
 JSCシソポンオフィス一同、カンボジアの人々にかわって、かんぼれんの心遣い、寛容さ、そして支援にとても感謝しています。皆さんの活動は、私たちJSCシソポンに勇気と癒しを与え、カンボジアの人々の力になっています。
Arigato gozaimashita. 
Orkun Chreun.
Thank you very much.



JSCシソポン スタッフ

1.Tuol prasat 村の小学校建設
  
(材木・その他の建設資材・労賃・机・椅子・黒板・輸送費)


 2009年2月スタディーツアー時、かんぼれんスタッフとJSCシソポンのスタッフはTuol Prasat村の村長とお会いました。村長は「村の人々にとって道路と学校が最も必要なものだ」と懸命に強調されました。当時、学校とよばれるものは写真にあるような建物とはいえない状態でした。また、村や学校までの道路は狭くてデコボコな上、道の両側にはまだ地雷が残っている状態でした。
村長の話を伺い、かんぼれんとして道路と学校両方の支援をする資金がなかったため、どちらの支援をするか検討しました。地元の状況と必要性をよく把握しているJSCシソポン責任者のSok Engさんが子どもの教育に力を注ぐ重要性を強調していることも考慮した結果、かんぼれんは学校建設の支援をすることにしました。



旧校舎

旧校舎と子どもたち

CMACが地雷除去

村人の柵作り

しかし、学校建設予定地とその周辺にまだ多くの地雷がのこっていたため、まず地雷除去をCMAC(Cambodian Main Action Centre;その地方で専門的に地雷除去を務める団体)に依頼をしました。雨期が長引いたため、2009年中には地雷除去までしか進みませんでした。その後、村人で学校建設委員会を発足させ、建設予定地の整備や、周りにフェンスを作り、また多くの木を植えました。村人の協力もあり、2010年12月に新しい校舎が完成しました。


村人と新校舎建設

新校舎@

新校舎A

新校舎の前で

新校舎で村長さんや村人と。手前はJSCシソポ責任者のSok Engさん。


2.学校整地とため池

学校の前にため池を作りました

地雷除去の跡の整地

重機でため池を掘る

水を溜め、完成

3.中学生用の通学用自転車(中古)

家から学校まで3km~11kmもある貧しい家庭の中学生の中から、22名に自転車を提供しました。


4.母子家庭への家の提供


以前の家

新しい家
病気の母親と3人の子どもの世帯。洪水で家を失ったため、新しい家を提供しました。

相手の自尊心を尊重する支援を

 2008年度支援をしたYeay Ort村の学校建設(2009年開校)でも、今回と同様にかんぼれんメンバーとJSCシソポンスタッフは学校の先生方と話し合いを持ちました。話し合いの席で、先生方は新しい校舎の必要性を熱心に訴えました。そして、建設予定地が沼地であったため、村人たち自身がその土地の整備を引き受け準備をしました。その他のプロジェクトについても、JSCのスタッフは毎日貧しい村々を訪問し、状況を調査した上で、次年度に必要なプロジェクトを作っています。
 このように人々に押しつけることなく、相手を尊重し、相手の協力を得て行う支援方法は支援のあるべき姿であるとかんぼれんは思っています。

shop info店舗情報

かんぼれん事務局

〒102-0083
東京都千代田区麹町6-5-1
 岐部ホール4階
 イエズス会社会司牧センター
 内 かんぼれん

TEL.03(5215)1844
FAX.03(5215)1845
E-mail office@camboren.org

お問い合わせはE-mailまたは
お電話で