本文へスキップ

カンボジアの友と連帯する会

2014年の支援

 2014年はイエズス会サービス カンボジア シソポン事務所(以下JSC)プロジェクトの中から、開発部門と教育部門の支援をしました。JSCは貧しい人々の自立のための生活支援をするとともに、将来のために子どもたちの教育に力を入れています。かんぼれんもその方針に賛同し、さらに多くの子どもたちが教育を受けられるよう協力し続けたいと思います。
 2015年2月のツアーでは、Malay地域のSantepheap村の溜め池や農業ローンの取組みを見てきました。Santepheap村は国境近くで草木がボウボウ、最近になって地雷が除去された地域でした。

1.開発部門

○溜め池 縦30m×横40m、深さ3m   35家族
○農業ローン(米、サトウキビ農家)   30家族
○障がい者用トイレ           4家族
○牛銀行                2家族

溜め池
池の周囲には子どもや牛が落ちないように村人の手で木柵が作られ、植樹されていました。訪問した2月は寒気も終わりに近いのですが、3mの溜め池には水が1m残っていました。雨季には満杯になり、飲料水や田畑に使われます。村の人たちは溜め池ができるまでは飲料水を買っていました。井戸は故障しやすいうえ、土壌の関係で飲み水には適さないため、安全な雨水をためる方が良いそうです。柵作りや維持管理は村人たちの手で共同で行っています。

農業ローン
 村の30家族が5家族1組になり、1家族あたり300ドルをJSCから5年間借り続けます。年利息は3%、その内訳は0.7%はJSCへ返済、0.3%は村のコミュニティのために使用、そして残りの2%は村のために積み立てます。日照りや洪水で不作になりローンを返済できない時のために村全体で積み立てておく仕組みになっています。

 
 今年は全員ローン返済ができたそうです。貧しい人々にお金を貸してくれる銀行はありません。あったとして高い利息を払わなければなりません。これまでは、生活費を稼ぐために多くの村人たちは道路工事や建築現場で働くためにすぐ近くの国境を渡って出稼ぎに行っていました。
国内で働くにしても、大人ばかりでなく、働ける子どもも一緒に異動して、他人の所有す土地の田植えや収穫の仕事をして、収入を得ていたそうです。その間は子どもは学校に通えません。また、残された子どもたちも祖父母に預けられたり、子どもたちだけで生活をしなければなりませんでした。
 
 村に溜め池と農業ローンの仕組みができたことで、村長は現在もタイに働きに行っている人たちがもっと戻ってくることを期待しています。しっかり者の村長や村人の笑顔には喜びとやる気が溢れていました。この村で家族の生計がたって安定すれば、子どもたちは学校に通って勉強が続けられ、次世代を担う力になるでしょう。

 この村の溜め池と農業ローンの取り組みは、持続可能な自立への第一歩となったのではないでしょうか。いつも貧しい人々を最優先にして寄り添うJSCのスタッフと共に、金銭のみならず村の人々は自分たちに自信を取り戻しているように感じました。私たちかんぼれんのメンバーはJSCの橋渡しを介してそのプロセスに参加でき、連帯の機会に恵まれています。

2.教育部門

○教育支援           100人
○通学用自転車         32人
○奨学米(米による教育支援)  20人
○奨学金 小学校2−3年生   10人
○奨学金 小学校4ー6年生   18人
○奨学金 中学生        10人
○奨学金 高校生        2人
○植樹用の若木         70本 

※奨学金の支給は親、または本人が障がい者27人、貧しい家庭の子ども13人、計40人。


 
教育支援 PIKさん(15歳)
 
通学用自転車 Thaさん(13歳) 学校まで7.5km

JSCでは子どもたちの教育支援に力注いでおり、かんぼれんもそれに協力しています。
その支援方法は、子どもやその家族の状況にあわせ異なります。
2013年の支援したプロジェクトでは、以下の通りです。
@学校用具の提供(100人)
A子どもが働かなくても学校へ通えるように貧しい家庭へ米の提供(奨学米20家族)
B親が障がい者の子どもへの奨学金(27人)
C家庭が非常に貧しい子どもへの奨学金(13人)

 
     奨学金 Suguonさん(13歳)
 
 植樹後、子どもたちが水やりや管理をします

なぜ、JSCは教育に力を注いでいるのでしょうか
1975年4月にポル・ポトを中心とした軍はプノンペンに入場し、実質的にポルポト政権が成立しました。しかし、1979年1月にベトナム軍に支援されたヘン・サムリンなどの軍がプノンペンに入場し実質上ポル・ポトは政権を失いました。3年9か月の間にポル・ポトは教育制度をなくし、数多くの教育者・教師を殺させ、学校の建物を破壊させました。
その後、カンボジア内の紛争は長年続き、1991年秋にようやく紛争に関わっていた4派により「パリ和平協定」が調印され、1993年5月に総選挙が行われました。言うまでもなく、その間正式な学校教育はほとんど行われていませんでした。
 シソポンはBanteay Meanchey州にあります。Banteay Meancheyとは「勝利の要塞」を意味しますが、今は勝利や要塞の全くない、カンボジアの中でも最も貧しい州のひとつです。そして、子どもがいなくて閉校せざるをえない日本と違い、子どもがたくさんいるのに未だに小学校のない村があるのです。
JSCは貧しい人々に支援をするとともに、将来を見据え、教育に力を入れています。かんぼれんもその方針に賛同し、さらに多くの子どもたちが教育を受けられるよう協力し続けたいと思います

3.Light of Mercy 子どもの家

   
JSCが運営するプノンペンにある障がいのある子どもの養護施設。身体障がい、視覚障がい、聴覚障がいなど様々な子どもたち30人以上が生活しています。毎年ツアーで訪れるとカンボジアの伝統舞踊や音楽の演奏などで大歓迎してくれます。

shop info事務局

かんぼれん事務局

〒102-0083
東京都千代田区麹町6-5-1
 岐部ホール4階
 イエズス会社会司牧センター
 内 かんぼれん

TEL.03(5215)1844
FAX.03(5215)1845
E-mail office@camboren.org

お問い合わせはE-mailまたは
お電話で