本文へスキップ

カンボジアの友と連帯する会

2018年の支援

かんぼれんの主たる活動支援先である
イエズス会サービスカンボジア シソポン オフィス(以下JSC)は、責任者のヴィチェカさんが産休を取得するため、ハムソックさんが新たに責任者になりました。ヴィチェカさんは無事、男の子を出産し、今は経理担当として職場復帰しています。他スタッフは、開発担当のバーツさん、リューさん、教育担当のキムさんは前年と同じです。神学生はベトナム出身のトワンさんが異動になり、新たにベトナム出身リューさんが加わりました。この少ないメンバーでBanteay Meanchey州を日々駆け回っています。そして、2017年の報告にあったように、今年から辺地にある三つの村を重点支援地域にし、更に地域に溶け込んだ支援活動を進めていました。


1.開発部門

○障がい者、貧しい家族のための家の提供  2軒
○障がい者、貧しい家族のための家の修理  2軒
〇牛銀行                 3家族
○障がい者、貧しい家族のための少額ローン 5家族
○車椅子                 25台
○米作改善活動支援             10家族


障がい者、貧しい家族のための家 
 
チェックさん(34才)は、3年前3番目の子どもを出産した時に下半身不随になってしまいました。その後、夫が家を出て行ってしまい、妹夫婦に世話をしてもらってきました。しかし、収入が途切れてしまったため、子どもたちは学校に行かずに働きに出ています。体の不自由なチェックさんにJSCは出入りのし易い平屋の家を提供しました。


障がい者、貧しい家族のための家の修理 


プオン・リさんは自分の畑をもっていないため、日中は夫婦で働きに出ています。小学生を頭に6人の子どもたちは、昼間は家で留守番をしています。小川の脇にある古い家は雨漏りがする上、雨期には水につかっていました。そのため、JSCではこの家の屋根のトタンを葺き替え、土台を50センチ程かさ上げする支援をしました。


牛銀行
 
コンさん(67才)は自分の畑を持っていないため、近くの人から5頭の牛を預かり飼育することで生計を立てていました。しかし、牛の持ち主が病気になり、治療費を作るために牛を売ってしまい、コンさんは仕事を失いました。JSCはコンさんに牛銀行から一頭の雌牛を貸し出しました。 牛銀行では、子牛が生まれると一頭目と三頭目はJSCに返還しますが、二頭目と四頭目以降はコンさんの牛になります。今年には最初の子牛が生まれる予定です。


障がい者、貧しい家族のための少額ローン

サモルさんとJSCスタッフのバーツさん
 
子豚から育てられた豚
サモル(56歳)さんは夫と豚を育て生計を立てていました。2年前に夫が胃を患い、治療費を捻出するために豚を全部売り払いました。残念ながら夫は亡くなり、豚も失ったサモルさんに、JSCでは250ドルの少額ローンを提供しました。これで彼女は5頭の子豚と飼料を購入し、養豚を再開しました。豚は半年で子どもを産みます。子豚を売ることで、サモルさんは再び生計を立てられるようになりました。


車椅子
  新しく提供した三輪の車いすに乗る
フェアルさん。日本とは道路事情が違うため、カンボジアでは三輪の車いすが大活躍しています。
フェアルさん(55才)は2003年にタイ国境に近いところに竹の子を採りに行った帰路に地雷を踏んでしまい、両足を膝上から切断しました。障害を負ったその年に彼女は離婚し、現在は末の娘と孫と暮らしています。 2003年にJSCはファアルさんの要望を受けて三輪車を提供しました。以来、JSCのスタッフが定期的に彼女を訪ねてフォローしていますが、5月に三輪車が古くなって使えなくなったと判断し、新しい車椅子を提供しました。
このように、
JSCでは新規提供だけではなく以前に車椅子を提供した人を定期的に訪問し必要な修理、あるいは新しい車椅子の提供など、継続的な支援を行なっています。


米作改善活動支援

SRIのリーダーでもある校長先生と水田
 
野菜作りにも挑戦しています
JSCはボストム村で米作の改善活動を進めています。 従来の直まきから苗代をつくり田植えをして一列に苗を植え、雑草取りなどの手間をかけて米を作る方法を農家に普及させる活動です(略称 SRI)。JSCでは、この活動のリーダーを小学校の校長先生に委託しました。彼は学校の隣にある水田で実際にこの方法で米を作り近所の人たちに教えています。新たな米作りのために必要な資金(種籾代、肥料代など)のために10家族に少額ローンを提供しました。実際にこの米作りを初めて収穫量は2倍近くになりました。


2.教育部門

〇 中学生への通学用自転車       30台
○ 貧しい家庭の小学生への奨学金    4人
○ 貧しい家庭の中学生への奨学金    13人
○ ラジオ教育番組放送         8番組


中学生への通学用自転車

ソマリ―さん(中学3年生)

中学校は遠いため、子どもたちは
片道5〜10qを通学しています
ソマリーさんは5才の時に両親と死別し祖父母と暮らしています。中学校までは7qあるため、友人の自転車に乗せてもらって通学していましたが、友人が通学しない日には徒歩で通っていました。彼女は遠くても、毎日学校に行きたかったからです。しかし、祖父母は高齢のため自転車を買う余裕がありませんでした。JSCは祖父母からの要望を聞いて、11月にソマリーさんに自転車を提供しました。


貧しい家庭の小学生・中学生への奨学金
 
デーンさん(14才)は小学校5年です。彼女は妹2人、弟1人の4人兄弟の長女です。家が貧しいため両親はタイに出稼ぎに出ています。そのため、彼女は目の不自由な祖母と3人の姉弟と暮らしています。貧しい家に暮らし、長女として忙しい毎日ですが、デーンさんは何とか学校に通い続けています。この話を聞いてJSCはデーンさんに奨学金とお米を提供することにしました。

3.Light of Mercy 子どもの家

JSCが運営するプノンペンにある障害のある子どもの養護施設には、身体障がい、視覚障がい、聴覚障がいなど様々な子どもたち30人以上が生活しています。 子どもたちは一定年齢になると子どもの家から独立していきます。そのため、今年は昨年の訪問時には見かけなかった5,6人の新しいメンバーが加わっていました。以前からいる子どもたちが新しい子どもたちをサポートして、今年も伝統舞踊、民族音楽の演奏などで歓迎してくれました。
子どもの家では、数年前から週に数回の英語レッスンを実施しています。今年は英語で演目の紹介と英語のスピーチもありました。 また、子どもたちが手に職をつけるために、昨年始めた水耕栽培が立ち上がって、トマトなどが立派に育っていました 。
 
今年も伝統舞踊で歓迎してくれました

聴覚障がいがあるとは思えない見事なダンス
 
英語で子どもの家の歴史を紹介

水耕栽培で育てた野菜

shop info事務局

かんぼれん事務局

〒102-0083
東京都千代田区麹町6-5-1
 岐部ホール4階
 イエズス会社会司牧センター
 内 かんぼれん

TEL.03(5215)1844
FAX.03(5215)1845
E-mail office@camboren.org

お問い合わせはE-mailまたは
お電話で